家事をしながらリスニング|親のための英語学習ことはじめ【柴原智幸】⑧

【連載企画】
子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ(柴原智幸先生)

子どもは英語を学習しているけれど、「自分は英語が苦手」という方もいらっしゃることでしょう。本連載では、親も子どもと一緒に英語を楽しむコツを、神田外語大学専任講師&放送通訳者の柴原先生に教えてもらいます!気軽に英語を始めてみませんか?

料理って煮たり焼いたり炒めたり、というプロセスはある意味楽なのですけれど、材料を切るなどの下ごしらえが、時間がかかって大変ですよね。そんな時間を英語のリスニング学習に活用する手もあります。

あとは掃除機がけや風呂掃除、トイレ掃除などの最中も、リスニング時間と考えると時間を有効に活用できますね。本来お掃除好きの方は、掃除そのものがレクリエーションになる部分もあると思うのですが、私は
そうではないので、「今日の英語素材は面白いやつだから、頑張ろうか」とスポンジを手に取っております。

このような形でリスニングする時には、一度聞いた素材を聞き直すのが良いと思います。聞き取れない部分をきちんとチェックして、「正確にはどう言っていたのか」や「なぜ間違って聞こえたのか」「なぜ聞き取れなかったのか」を把握しておき、その教材をさらに聞き込んで、「ああ、ここはそうだったなあ」と確認するのです。すでになじみのある素材ですから、何かやりながらでも余裕を持って聞けます。

あるいは、うんとやさしめの素材で、まだ聞いたことがないものを聞くのも良いですね。これは感覚としてはラジオを流しながら家事をするのと同じです。

いずれにせよ、「聞き流す」だけでは力は付きませんから、分からないことをきちんとチェックしながら、リスニング時間を増やしてみてください。

連載企画「子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ」
すべての記事はこちら

柴原智幸(しばはら ともゆき)

神田外語大学専任講師。同時通訳者。イギリス・バース大学の通訳翻訳コース修士課程修了後ロンドンのBBCに入社。帰国後はNHKの放送通訳や「ディスカバリーチャンネル」などでの吹き替え用映像翻訳、通訳養成学校での指導を行う。2011年から2017年までNHKラジオ講座「攻略!英語リスニング」講師