目的や条件に応じて方法はさまざま|親のための英語学習ことはじめ【柴原智幸】⑥

【連載企画】
子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ(柴原智幸先生)

子どもは英語を学習しているけれど、「自分は英語が苦手」という方もいらっしゃることでしょう。本連載では、親も子どもと一緒に英語を楽しむコツを、神田外語大学専任講師&放送通訳者の柴原先生に教えてもらいます!気軽に英語を始めてみませんか?

「 英語でいろいろなことを話してみたい」というのが英語を学ぶ目的だ、という方も多いと思います。まずは「何を目的とするのか」をハッキリさせるとよいでしょう。

とりあえず英語でのやり取りを楽しみたいのであれば、実は相手がネイティブ・スピーカーである必要はありません。お子さんが習った範囲の英語でやり取りするのも、なかなか面白いものです。私は昔、父と料理をしながら英語を話したことがありましたが、面白い経験でした。

英語でどう言うのかわからなければ、その部分は日本語でも構いません。お金を掛けられるのであれば、「英会話喫茶」のような場所も楽しいですよ。

大学などが近くにあれば、留学生とLanguage Exchange(相手の日本語とこちらの英語の学習をお互いに手伝う)を行なうのも異文化交流にもなって実り多い経験になります。これであれば、「特定のシチュエーションでの会話をどう進めるか」を学ぶこともできますね。

また、伝えたいことがハッキリしているのに英語でどう言うか分からない場合は、まず英作文にまとめてみるのが効果的です。それを留学生に見せたり、有料のオンライン英作文添削でネイティブ・スピーカーに見てもらったりするのも勉強になります。英会話喫茶や留学生を相手に話したり、最近値段が手ごろになってきたオンライン英会話で話したりして、改良していくわけです。

時間やお金、気力などをどれだけ掛けられるかに応じて、さまざまなオプションがあります。ご自分のニーズに合ったものを選んでみましょう。

連載企画「子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ」
すべての記事はこちら

柴原智幸(しばはら ともゆき)

神田外語大学専任講師。同時通訳者。イギリス・バース大学の通訳翻訳コース修士課程修了後、ロンドンのBBCに入社。帰国後はNHKの放送通訳や「ディスカバリーチャンネル」などでの吹き替え用映像翻訳、通訳養成学校での指導を行う。2011年から2017年までNHKラジオ講座「攻略!英語リスニング」講師。