英語学習を気楽に長く続けるコツ|親のための英語学習ことはじめ【柴原智幸】④

【連載企画】
子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ(柴原智幸先生)

子どもは英語を学習しているけれど、「自分は英語が苦手」という方もいらっしゃることでしょう。本連載では、親も子どもと一緒に英語を楽しむコツを、神田外語大学専任講師&放送通訳者の柴原先生に教えてもらいます!気軽に英語を始めてみませんか?

今までやってきた英語の「勉強」は、主にどのようなことだったのかを思い出してみましょう。いちばん多いのは、入学試験や資格試験に合格するための「試験対策」だったのではないでしょうか。試験対策では、当然試験に出題されるものを、自分の関心のあるなしに関わらず詰め込むことになります。

人間、いくら「正しいこと」「必要なこと」とわかっていても、なかなか続けられないものです。続けるためには「楽しさ」という要素が大切です。英語の勉強も、厳密には「試験対策」≠「勉強」であることに気づかないと、「つらくてもがんばること」=「勉強」と思い込み、英語を敬遠してしまいがちです。それではもったいないですよ。何かを学ぶということは、もっと楽しみがあっていいものだと思います。

それにはまず、自分は何が好きで、何に興味があるのか、ということから入ると効果的です。自分が趣味にしていることをネットで検索し、記事を読むだけでも楽しいですね。私の場合、飛行機が好きなので、そんなサイトを閲覧したり、イギリスから飛行機関連の雑誌を取り寄せてページをめくったりしています。

また、赤ちゃんがとりあえず何でも口に入れて判断してみるように(英語でsuck it and seeと言います)、いろいろな教材を試してみるのもいいですよ。ポイントは「試験対策もの」は避けること。お子さんが取り組んでいる教材をちょっと覗いてみることから、新たな世界が開けるかもしれませんね。

連載企画「子どもに負けるな!親のための英語学習ことはじめ」
すべての記事はこちら

 


柴原智幸(しばはら ともゆき)

神田外語大学専任講師。同時通訳者。イギリス・バース大学の通訳翻訳コース修士課程修了後、ロンドンのBBCに入社。帰国後はNHKの放送通訳や「ディスカバリーチャンネル」などでの吹き替え用映像翻訳、通訳養成学校での指導を行う。2011年から2017年までNHKラジオ講座「攻略!英語リスニング」講師。