0歳~3歳の子どもが楽しみながら英語を身につける!英語学習におすすめ玩具5選

英語を含め、言語は小さい頃から触れることで身につきやすく、習得するスピードも違うことは周知の事実です。そのため、早くから英語に触れさせたいと考える親は少なくないでしょう。ここでは、0~3歳の子どもの英語学習におすすめな玩具を6つ紹介します。

0歳(6ヵ月児~)におすすめの英語のおもちゃ

赤ちゃんはさまざまな可能性を持って生まれてきます。語学に関してもそうです。早い段階から英語に親しむことで、より英語が身につきやすくなるでしょう。日頃から英語に触れることで、本格的に英語を学ぶ際にも苦手意識を抱かずにすみます。DVDやCD、絵本など英語学習にはさまざまなツールがありますが、0~3歳くらいの子どもが興味を持って英語に触れるには、何よりもおもちゃが1番です。

0歳の赤ちゃんへの英語のおもちゃとしては、「フィッシャープライス スマートステージわんわんはバイリンガル」が おすすめです。対象年齢は6ヵ月からで、寝返りをうって周りの世界に目を向け始めた赤ちゃんにぴったりのおもちゃでしょう。可愛らしい犬のぬいぐるみの手・足・耳・おなか・ハートにボタンが付いており、押すとおしゃべりをしたり歌を歌ってくれたりします。ボタンを探すのも楽しく、英語のフレーズや歌を覚えるきっかけになるでしょう。また、肌触りが良く、抱っこして持ち歩いたり、おままごとをしたりなど、ぬいぐるみとしての魅力も備わっています。布でできているため投げたりぶつかったりした際にも安全です。

 

フィッシャープライス スマートステージわんわんはバイリンガル

0歳(8ヵ月児~)におすすめの英語のおもちゃ

8ヵ月になるとハイハイを始め、周りの世界へ積極的に関わりに行くようになります。興味のあるものに触れたり口に入れたりと、五感を使って知ろうとする頃でしょう。そんな0歳児におすすめなのが、「はじめて英語くまのプーさんと絵本でおしゃべり!ゆびさき知育いっぱいできた」です。ボタンを押す・つまむ・引っ張る・回すなどの指先遊びが充実した知育ボックスで、英語モードでは22種の英語が入っています。好奇心を刺激する仕掛けがいっぱいのおもちゃで遊びながら、英語も取り入れられるのが魅力です。

はじめて英語くまのプーさんと絵本でおしゃべり!ゆびさき知育いっぱいできた

1歳(18ヵ月児~)におすすめの英語のおもちゃ

1歳になると、歩き始める子もいるでしょう。親の手から離れて自分の興味のあるものへと探索を始めるようになります。また、言葉を理解し、指さしや仕草で思いを伝えるなど、コミュニケーションも豊かになってきます。指先も徐々に器用になり、小さなものをつまむ動作もできるようになってくる頃です。そんな1歳児は、大人のことをよく見ています。大人の持っているものが気になり、どんな子ども用のおもちゃよりも、リモコンやスマートフォン、財布など大人が持っているものに興味を示し、執着することも少なくありません。

そんな1歳児におすすめなのが、「フィッシャープライス にこにこ! ラーニング バイリンガル スマートフォン」です。29種類のボタンがあり、あいさつや数字などが英語で学べます。さらに、メッセージの録音や再生機能もついているなど、機能も本格的です。本物みたいなスマートフォンでリアルな電話ごっこを楽しめ、遊びながら英語のフレーズも身につけられるのが魅力です。本物のスマートフォン同様小型のため、持ち運びにも困りません。家だけでなく外出先でも活躍してくれるでしょう。

フィッシャープライス にこにこ! ラーニング バイリンガル スマートフォン

2歳におすすめの英語のおもちゃ

2歳になると自己主張が強くなり、言葉でのコミュニケーションもますます発達する時期です。言葉もどんどん吸収していき、単語だけで思いを伝えていたのが、「ママきた」や「ワンワンない」など2語文が出てきます。泣いたり笑ったりといった表情だけでなく、「言葉で伝える」ことを学び始める時期でもあります。そんな2歳児におすすめの英語のおもちゃは、「アルファベットのパズル」です。視覚を伴った英語学習で、形が合う場所を探す認知力を養うにも最適です。文字自体に興味を持つのは3歳くらいからですが、2歳からアルファベットに対する親しみを育んでおくと、スムーズにアルファベットを学べるでしょう。形に沿ってはめなければならないため、指先の技巧性も伸ばせます。


『木のパズルA・B・C』
価格:1,430円(税込)
関連記事

せっかくわが子におもちゃを買い与えるのであれば知育玩具をと思われた方も多いはず。今回3歳のわが子に与えてみた「木のパズルA・B・C」は、英語のアルファベットを楽しみながら覚えることができるオススメの知育玩具でしたのでご紹介します。 シンプ[…]

3歳におすすめの英語のおもちゃ

一般的に2歳から3歳にかけては、「言葉の爆発期」と呼ばれる、語彙が急激に増える時期がやってきます。会話が成立するようになり、コミュニケーションもますます豊かになっていくでしょう。数字や文字にも興味が出始め、さまざまな物事に疑問を持ち始め、「なんで」「どうして」が増えるのもこの時期の特徴です。そんな3歳におすすめの英語のおもちゃは、「くもんアルファベットさいころつみき」です。アルファベットが書かれた立方体の積み木で、アルファベットが書かれた面、アルファベットにちなんだイラストが描かれた面、イラストの単語の意味や発音が書かれた面があります。積み木として積み重ねて作品を作る楽しみはもちろん、アルファベット面を使って自分の名前や英単語を作る楽しみも味わえるでしょう。ガイドブックが付属しており、クロスワードやしりとり遊びなどの単語遊びの楽しみ方も提案されています。幼児期だけでなく小学校に入っても遊び方を変えて長く活躍するおもちゃです。

くもんアルファベットさいころつみき

楽しみながら親子で英語に触れあえる環境を整えよう!

英語の早期学習のメリットは大きいとはいえ、英語のおもちゃを与えたからといって自然に英語が身につくわけではありません。言語は言葉を吸収し、それを発した時に反応してくれる相手がいないと身につかないものです。0~3歳の子どもが楽しく英語に触れるには、親と一緒に取り組める環境が何よりも大切です。こうした環境を整える上で、親子で楽しめる英語のおもちゃを活用してはいかがでしょうか。

 

編集:コンパス編集部